« 足助町のカタクリの群生地を見学♪ | トップページ | ハクモクレンが開花中♪ »

三州足助屋敷を見学♪

続いて三州足助屋敷のレポートです♪

パンフレットによると、明治時代の豪農屋敷をモデルに新築して、当時の機織り、炭焼き、紙漉きなどの手仕事を再現されています。

Dscn2435 Dscn2438 足助屋敷の正面には枝垂れ梅が満開となりとても綺麗でした♪自宅ではそろそろソメイヨシノの開花宣言が出る時期なのに、約一か月は遅いですね。中を入ってすぐ正面に井戸があり、つるべを使って水を汲み上げる事ができます。

Dscn2437 Dscn2446 続いてはわら葺き屋根の母屋があり、中に入ると当時の山里の暮しぶりが良く分かります。ここでは実際に牛も一頭飼われていて、道理で牛の糞の香りがしました(笑)


Dscn2440 Dscn2445 煙突から煙が出ているので建物の中を覗いてみると、実際に精米をしている最中でした。水車も当時は大切な動力源となってます。


Dscn2442 Dscn2443 こちらはミツマタで真っ黄色のお花がちょうど満開でした。和紙の原料になるのだそうです。近寄って観察してみると、独特のお花の形をしていますね。


わら細工のコーナーでは実際にわらを綱にするのを体験!実際やってみると結構難しくて要領を掴むのにちょっと時間がかかりましたけど、楽しい体験でした(^o^)その他では桶屋や鍛冶屋などを見学。この時間見学者はまばらでしたので、それぞれの職人さんから話を聞く事ができたのは良い体験でしたね。

今日はカタクリの群生地が満開ではなかったのはちょっと残念ではあるけれど、充実した一日でした♪

« 足助町のカタクリの群生地を見学♪ | トップページ | ハクモクレンが開花中♪ »

ガーデン訪問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533028/65068579

この記事へのトラックバック一覧です: 三州足助屋敷を見学♪:

« 足助町のカタクリの群生地を見学♪ | トップページ | ハクモクレンが開花中♪ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック